16632円 アンリ・ボワイヨ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2019]750ml (白ワイン) ビール・洋酒 ワイン 白ワイン 16632円 アンリ・ボワイヨ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2019]750ml (白ワイン) ビール・洋酒 ワイン 白ワイン ビール・洋酒 , ワイン , 白ワイン,アンリ・ボワイヨ,(白ワイン),[2019]750ml,グラン・クリュ,16632円,コルトン・シャルルマーニュ,/Laplandic2033552.html,sonarsatelital.com.ar アンリ ボワイヨ コルトン シャルルマーニュ グラン 2019 予約販売 750ml 白ワイン クリュ ビール・洋酒 , ワイン , 白ワイン,アンリ・ボワイヨ,(白ワイン),[2019]750ml,グラン・クリュ,16632円,コルトン・シャルルマーニュ,/Laplandic2033552.html,sonarsatelital.com.ar アンリ ボワイヨ コルトン シャルルマーニュ グラン 2019 予約販売 750ml 白ワイン クリュ

アンリ ボワイヨ コルトン シャルルマーニュ グラン 2019 予約販売 750ml 白ワイン ご予約品 クリュ

アンリ・ボワイヨ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2019]750ml (白ワイン)

16632円

アンリ・ボワイヨ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2019]750ml (白ワイン)



豊かなミネラルを思わせる凝縮した風味のある力強くエレガントな、まさにグラン・ヴァンの風格を持つワインです。

ヴォルネーで最も古い家系の1つでドメーヌは1885年設立。現当主のアンリ ボワイヨは5代目で息子のギヨームもドメーヌに携わっています。買いブドウによるワインはメゾン・アンリ・ボワイヨとしてリリースしています。

名手ボワイヨが信頼をおき、栽培についても細かく指導する契約農家から購入したアロース・コルトン、ペルナン・ヴェルジュレス、ラドワ・セリニーの区画のブドウを使用。新樽率80%で350Lの樽で熟成させています。

白い花や青リンゴ、白コショウのようなスパイスのピュアで美しいアロマ、軽く燻した火打ち石の香りも感じられます。時間の経過と共にナッツやバターなどのニュアンスも現れてきます。口に含むと、豊満なアプリコットや洋ナシの果実味に溢れ、リッチな印象。果実味がイキイキとしていてコクがあり、豊かなミネラルの感じられる、バランスに優れた華やかかつ豪華なコルトン・シャルルマーニュです。

HENRI BOILLOT CORTON CHARLEMAGNE GRAND CRU
アンリ・ボワイヨ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ
生産地: フランス ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ アロース・コルトン
原産地呼称:AOC. CORTON CHARLEMAGNE
ぶどう品種:シャルドネ 100%
味わい:白ワイン 辛口

■2019年ヴィンテージ情報■
【気候について】
近年同様、温暖な冬となった。12月は穏やかで雨が多かった。この数年、ブルゴーニュは春と冬が無くなり、季節は秋と夏の2つになってしまったようだ。3月は非常に暑く、土壌は湿っていて、ブドウ樹はすぐ目を覚ました。
3月末から4月の頭に霜が起こり、ブドウ樹を守る対策に追われたが、幸運にも被害はなかった。
4月は暑く、5月は快適な気候で、ブドウ樹は早く成長していった。
暑く乾燥した気候が望ましい6月頭の開花の時期に、雨が多く、非常に涼しい気候となった。その為、ブドウの花の受粉が上手く行われない、花ぶるいが起こってしまい、その結果、収量が前年と比べて45%も減ってしまうこととなった。
夏の間は暑く、時折雨が降った。
収穫は9月6日に始まった。年々、早熟になってきているヴォルネーの村名畑から収穫を開始。白はムルソーのプルミエクリュから収穫を始め、その後ピュリニーとコルトン・シャルルマーニュを収穫した。数日後にコートドニュイのグランクリュの収穫で終了した。

【白ワイン】
2つのプルミエクリュ、ムルソー・クロリシュモン モノポールとムルソー・グットドールが新たにドメーヌのラインアップに加わった。
2016年や2017年のテクスチャーに似ている。アプリコットのような黄色い果実と白い花の香りにマンダリンやレモン、グレープフルーツ等の柑橘系果実の皮のような凝縮度を感じさせるニュアンス。非常に美しい酸、フレッシュ感があり、ピュアでシャープな味わい。
2018年は早くから楽しめるヴィンテージだったが、2019年は2018年よりも飲み頃になるのに時間がかかるヴィンテージ。

【赤ワイン】
コートドボーヌの赤はサクランボやイチゴ、フランボワーズなどの赤い果実のアロマに白胡椒にほのかにタバコのニュアンス。タンニンはシルキーで非常にピュアでフレッシュ感あふれる。とてもエレガントで2010年を思わせる。
コートドニュイの赤はカシスやブルーベリー、ブラックベリー、非常に熟したブラックチェリーなどの黒い果実のアロマ。タンニンはエレガントだが、顕著で、力強く、余韻が長い。熟成に向いた年である。

ワインアドヴォケイト:95 ポイント
Rating 95 Release Price NA Drink Date 2025 - 2045 Reviewed by William Kelley Issue Date 15th Jan 2021 Source January 2021 Week 2, The Wine Advocate
Produced from purchased grapes, the 2019 Corton-Charlemagne Grand Cru is serious and structured, enforcing a change of pace after the series of Puligny-Montrachet grands crus. Mingling notes of pear and citrus oil with hints of toasted bread, white flowers and praline, it's medium to full-bodied, satiny and chalky, with palpable structuring dry extract and tangy balancing acids.
Guillaume Boillot began the harvest on September 6, as usual starting in Volnay. Yields were down, and alcohol levels ranged between 13% and 14.2%. "My father told me to frame the must analyses, as one couldn't hope for anything more perfect," he laughed. Whereas in 2018, Boillot was able to press all his white wines with a vertical basket press, in 2019 he reverted to a pneumatic press, explaining that even after foulage (crushing), it was simply too difficult to extract juice from the thick-skinned small berries that characterized the vintage. "Vinification integrale," which is to say barrel fermentation of red wines, is still the order of the day for most of the red wine cuvees at this address. The other trend, which sharp-eyed readers will have picked up on, is a move toward more and more domaine-grown fruit: first came the Pommard 1er Cru Clos Blanc, which joined the range in 2018, and this year the Meursault 1er Cru Clos Richemont enters the portfolio. Boillot tells me that he has ambitions to continue this gradual transition. The 2019 vintage, in any case, is a great success, achieving both impressive quality and consistency, and these wines come warmly recommended.

アンリ・ボワイヨ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ [2019]750ml (白ワイン)

ヒルクライム

ディスク用のヒルクライム向け軽量カーボンホイールを検討する

ディスクブレーキのホイールになってフックレスリムでチューブレス専用のZIPP303FCなど、明らかにこれまでのホイールとは異なる製品が発売されだしました。ZIPP303FCは既にチューブラーホイールを食ってしまうほどの外周部の軽量化を実現...
まとめ

2021年のブラックフライデーセール!wiggle、CRC(Chain Reaction Cycles)、PBKのクーポンお得情報とクーポン情報

2021年の海外通販ブラックフライデーセール(wiggle、CRC,PBK)のまとめです。 2021年のブラックフライデーセール!wiggle、CRC(Chain Reaction Cycles)、PBKのクーポン情報 各ショ...
ヒルクライム

グラベルバイクで大多喜町の大塚山へ!超激坂があるグラベル・ヒルクライム

ペダルでバイクが立つ激坂があるポイント、大多喜町の大塚山。アプローチにグラベルゾーンを含むので、グラベルバイクで登って来ました。 グラベルバイクで大多喜町の大塚山へ!超激坂があるグラベル・ヒルクライム ハイキングコースでもある...
スポンサーリンク
サイクリングコース

内房、富津~君津~鴨川の秘境サイクリング、房総隧道巡りライド

トンデモない手掘りトンネルを数多く回ることができる、内房線の上総湊から秘境を巡るサイクリングコースです。ところで、このコースを走る時は暗いトンネルがあるため必ずライトを持っていきましょう。 内房、富津~君津~鴨川の秘境サイクリング、...
インプレ

CHAPTER2(チャプター2)の新モデルTOA(トア)!の試乗インプレ!

CHAPTER2から新モデルTOAが発表されました。試乗できたので記事を追加しました(10/24) TOA(トア)!CHAPTER2(チャプター2)の2021年新モデル 新モデルはTOA(トア)というモデル。試乗したところ非常...
メンテナンス

ディスクローターを曲げたときの修正

ディスクブレーキのバイクに乗っていて、ローターを少し曲げてしまったので修正しました。 ディスクローターを曲げたときの修正のやり方。専用工具さえ買えば超簡単! 今回、ブレーキパッド調整をしていて、ローターが少し曲がっていることに...
インプレ

TOPEAK(トピーク)Roadie TT mini(ローディーTTミニ)のインプレ、小型で高性能な携帯空気入れ

TOPEAK(トピーク)Roadie TT mini(ローディーTTミニ)のインプレです。既にインプレは多そうなアイテムですが、私もこないだ使用したので書いてみます。 TOPEAK(トピーク)Roadie TT mini(ローディ...
カメラ

Xiaomi Mi Note 10 Pro シャオミのスマホ、カメラ画質などのインプレ

カメラのセンサーサーズが1/1.33インチを採用し、5万円を切っているXiaomi Mi Note 10 Proのインプレです。 Xiaomi Mi Note 10 Pro シャオミのスマホのレビュー 1インチのセンサーを搭載...
チューブレスタイヤ

CONTINENTAL(コンチネンタル)GP5000S TR発売!GP5000のチューブレスレディタイヤは世界最速のタイヤかもしれない

新しく発売されたコンチネンタルのチューブレスレディタイヤGP5000 S TR。これまでGP5000TLがありましたが、チューブレス初期ものにありがちな重さと取り付けにくさで手を出しづらかったところ、遂にコンチネンタルからもチューブレスレ...
メンテナンス

機械式ディスクブレーキのパッドのクリアランス調整頻度や方法について(TRP SPYRE、グロータック EQUAL)

機械式ディスクブレーキの調整頻度や方法などについてです。機械式ディスクブレーキのデメリットとして語られるポイントは、導入するときに気になると思うので書いてみます。 機械式ディスクブレーキに必要なパッドのクリアランス調整の仕方 ...
メンテナンス

LEZYNE(レザイン)のライトが故障!?充電できなくなったので分解&修理した話

lezyneのライトを分解修理したのでその記録です。 LEZYNE(レザイン)のライトが故障!?充電できなくなったので修理してみた まずは症状から。私のレザインのライトは、充電しても、充電が完了せず、ライトを付けたら赤いランプ...
サイクリングコース

房総半島のマイナールート!隧道と川廻しトンネルのある伊藤大山の狭い林道を行くサイクリングルート

房総にもメジャーなルートとマイナーなルートがあります。大体のマイナールートは河川や山で行き止まりになるのですが、一本、マイナーながら房総を縦に抜けられるルートがあります。 房総半島のマイナールート!隧道と川廻しトンネルのある伊藤大山...
インプレ

THOMSON(トムソン)SEATPOST COLLAR SEATCLAMP (シートクランプ)のインプレ

高級シートポストクランプ、トムソンのシートクランプのインプレです。 THOMSON(トムソン)SEATPOST COLLAR SEATCLAMP (シートクランプ)のインプレ 以前シートポストクランプのインプレを書きました。私...
インプレ

ロードバイクに11-46T!CS M8000 11-46TのスプロケットをRD RX812で引いてみる

フロントシングル40Tにリア11-46Tを組み合わせてみました。リアディレーラーにGRXのRX812を使っているので、シマノでは推奨されない組み合わせです。 フロントシングル40T×11-46T!ギア比1以下の組み合わせ(CS M8...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました